FC2ブログ

KAORI (RYO)

KAORI (RYO)


結局のところ、コンテンポラリーアートは訳がわからない。





3月の3週間無料で楽しめるコンテンポラリーアート展示会 Festival Art Souterrainがモントリオール地下街のあちこちで楽しめるという情報を得たので行ってきました。いくつかの会場に分かれているようだったので、1000 de la Gauchetiere (metro Bonaventure) とPalais des Congrès (metro Place d’Armes)。モントリオールのイベントは、どこで何がやっているのか非常にわかりにくい(笑)





屋内スケートリンクがあるって聞いてたけど、こんなところにあるんだ~!ダウンタウンって聞いていたのでどこにあるのかと思ってたんだけど。最近自分のダウンタウンの範囲と、他人が思うダウンタウンの範囲が違うことに気づきました。今日来てみたのは、セントラルステーションに近いオフィスビル兼バスセンター(なのか?)の1000 de la Gauchetiereというビル。ここまで来たのはいいんだけど、どこで展示をしてるのか全くわからず。ちゃんとウェブサイトの展示会場図をチェックしていったのだが。


あ。なんか変な不動産屋の売り出し張り紙が!





これだこれだ!今年のテーマは、True or False? 本当か嘘か。あまりにもリアルな不動産屋の張り紙なので、通りかかった人がアートだとは気づかず、変な顔して見入ってるのが面白かった(笑)個人的には、2億円ちょいの雲のお城と、Biodomeの熱帯ゾーンの一角がお気に入り。











この石像がアートなのかと思ってたら、特別展示はセキュリティカメラが埋め込まれたソファ前のコーヒーテーブルだった… ってか、アーティストの説明では「コーヒーテーブルの上にセキュリティカメラが!」という意外さを狙ったみたいだけど、ゴージャスな本物のセキュリティデスクの横なので、むしろセキュリティカメラではなく開封したポテチの袋とか読みかけの雑誌の方が意外性が際立ったのではないかと。





コンテンポラリーアートよりもこの建物が美しいので、是非一度行ってみてください←このまとめでいいのか? 折角なので、もうひとつの展示会場Palais des Congrèsへ移動…






ここもさらにスルー度が高い作品がまばらに点在。同じくどこに何があるのかよくわからないし(一応展示物のある場所が書いてある立て看板があるにも関わらずわからない(笑)、むしろ説明はあるのに作品が見当たらないというアバンギャルドな作品も(単に私が見つけられなかっただけなのか?(笑)この辺でツッコミながら展示物探しをするのにも疲れてきたので、コンテンポラリーアート散歩は途中で強制終了。





こちらの建物は外から見るとアレなんですが(建った当時は批判が多かったけど、どこの目玉建築物もそうなのかもしれない)、中から外を眺めるとなかなかサイケデリックで素敵です。他人からどう思われようと中から見る世界はカラフル・・・ 人生もこうであるのが一番幸せなんだろうな…というコンテンポラリーアートな〆。





言い訳は後にすることにして、折角中華街の近くまで行ったということで、ベトナム料理のお店でBunを食べてきました。こんな普通の夕食の時間に行ったの初めてかも?(笑) うまうまな春休みの木曜日。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply